尼崎ひまわり保育園尼崎ひまわり保育園

かたつむり組写真ちょうちょう組写真みつばち組写真とんぼ組写真ほたる組写真かぶとむし組写真

保育理念

1972年、尼崎市の南端に位置する小さな町、築地で産休明け保育を必要とする父母が力を合わせ、ないない尽くしの小さな保育園をつくりました。尼崎ひまわり保育園の前身「ひまわり共同保育所」です。以後、関係者みなさんの知恵を寄せ合い、(1)子どもたちがいきいきとたくましく成長する保育を、そして(2)父母が安心して働きつづけられるために子どもたちを真ん中に据え、父母と職員の連携を大切にします。さらに(3)地域に根ざした子育て支援ネットワークづくりをめざします。そして、父母の保育要求に答えるために尼崎市では唯一夜間保育を実施しています。
(4)人間は集団の中でこそ自分を知りそして思いやりを育んでいくことが出来ます。子どもたちも同じです。当園では集団での保育を通じ、自己主張ができる、他人を思いやることが出来る、そんな保育をめざしています。

社会福祉法人尼崎ひまわり会

新着情報

2020年8月 0歳児の定員が空いています。詳しくはこちらをクリックしてください。
尼崎ひまわり保育園のホームページをリニューアルしました。